TOP

Cast

二階堂ふみ
二階堂ふみ  FUMI NIKAIDO
1994年生まれ、沖縄県出身。2009年『ガマの油』(役所広司監督)で映画デビュー。その後、『劇場版神聖かまってちゃん ロックンロールは鳴りやまないっ!』(11/入江悠監督)で映画初主演を果たし、第3回TAMA映画祭最新新進女優賞、第26回高崎映画祭最優秀助演女優賞を受賞。その後も『指輪をはめたい』(11/岩田ユキ監督)、ドラマ「テンペスト」(11年/NHK-BS)と続き、『ヒミズ』(12/園子温監督)にてヴェネチア国際映画祭・最優秀新人俳優賞「マルチェロ・マストロヤンニ賞」受賞の快挙を果たす。以降、『王様とボク』(12/前田哲監督)、『悪の教典』(12/三池崇史監督)、『脳男』(13/瀧本智行監督)、『地獄でなぜ悪い』(13/園子温監督)、『四十九日のレシピ』(13/タナダユキ監督)、『ほとりの朔子』(14/深田晃司監督)、『私の男』(14/熊切和嘉監督)、『渇き』(14/中島哲也監督)、『日々ロック』(14/入江悠監督)、『味園ユニバース』(15/山下敦弘監督)、『ジヌよさらば かむろば村へ』(15/松尾スズキ監督)、『この国の空』(15/荒井晴彦監督)などに出演。今後の待機作に、『オオカミ少女と黒王子』(16/廣木隆一監督)、『ふきげんな過去』(16/前田司朗監督)、『16/大根仁監督』などがある。
line
大杉漣
大杉漣  REN OOSUGI
1951年生まれ、徳島県出身。1974~1988年まで太田省吾率いる転形劇場に所属する。 1978年高橋伴明監督作品で映画デビュー。「ソナチネ」(93/北野武監督)で注目を受け、「ポストマンブルース」(98/SABU監督)でおおさか映画祭助演男優賞、「犬、走る DOG RACE」(98/崔洋一監督)、「HANA-BI」(99/北野武監督)等の演技でキネマ旬報、ブルーリボン賞、日本アカデミー賞など数々の助演男優賞を受賞。主なる出演映画は「不貞の季節」(00/廣木隆一監督)、「Life on the longboard」(05/喜多一郎監督)、「棚の隅」(06/門井肇監督)「エクステ」(07/園子温監督)、「ネコナデ」(08/大森美香監督)、「一枚のハガキ」(10/新藤兼人監督)、「天の茶助」(15/SABU監督)等、300本を超える。近年では韓国映画「大虎(デホ)」(パク・フ ンジョン監督)に出演、公開待機作品に「仮面ライダー1号」(16/金田治監督)、、「ボクの妻と結婚してください。」(16/三宅喜重監督)、等がある。全国各地の裏の名所を歩く旅バラエティ「大杉漣の漣ぽっ」(BSフジ)、テレビドラマ「警視庁ゼロ係~生活安全課なんでも相談室~」(16/TX)  「花咲舞が黙ってい」(15/NTV)、「ぼんくら」(15/NHK)、「緊急取調室」(14/EX)、「ゲゲゲの女房」(10/NHK)等、CM、舞台、ナレーション、音楽ライブ等精力的に活動している。
line
真木ようこ
真木ようこ  YOUKO MAKI
1982年生まれ、千葉県出身。『DRUG』(01/菅原浩志監督)で映画デビュー。『ベロニカは死ぬことにした』(06/堀江慶監督)で映画初主演を務める。また同年『ゆれる』(06/西川美和監督)では第30回山路ふみ子映画賞・新人賞を受賞。その後、『さよなら渓谷』(13/大森立嗣監督)では、第37回日本アカデミー賞・最優秀主演女優賞、『そして父になる』(14/是枝裕和監督)では、最優秀助演女優賞とダブル受賞を果たす。その他の出演作品として、『パッチギ!』(05/井筒和幸監督)、『サマータイムマシン・ブルース』(05/本広克行監督)、『すーちゃん まいちゃん さわ子さん』(13/御法川修監督)、『風に立つライオン』(15/三池祟史監督)、『脳内ポインズンベリー』(15/佐藤祐一監督)、『劇場版MOZU』(15/羽住英一郎監督)などがある。
line
高良健吾
高良健吾  KENGO KORA
1987年生まれ、熊本県出身。2006年『ハリヨの夏』(中村真夕監督)で映画デビュー。その後、『M』(07/廣木隆一監督)で東京国際映画祭「日本映画・ある視点」部門特別賞を受賞。『蛇にピアス』(08/蜷川幸雄監督)、『南極料理人』(09/沖田修一監督)、『ハゲタカ』(09/大友啓史監督)『ソラニン』(10/三木孝浩監督)、『ケンタとジュンとカヨちゃんの国』(10/大森立嗣監督)、『おにいちゃんのハナビ』(10/国本雅広監督)、『ノルウェイの森』(10/トラン・アン・ユン監督)、『軽蔑』(11/廣木隆一監督)『白夜行』(11/深川栄洋監督)、『千年の愉楽』(13./若松孝二監督)、『武士の献立』(13/朝原雄三監督)、『私の男』(14/熊切和嘉監督)、『悼む人』(15/堤幸彦監督)など話題作に数多く出演。『苦役列車』(12/山下敦弘監督)では第36回日本アカデミー賞優秀助演男優賞、『横道世之介』(13/沖田修一監督)では、第56回ブルーリボン賞主演男優賞、『きみはいい子』(15/呉美保監督)では、日刊スポーツ映画大賞・主演男優賞を受賞。公開待機作品に、『うつくしいひと』(16/行定勲監督)、『ふきげんな過去』(16/前田司郎監督)、「いつかこの恋を思い出してきっと泣いてしまう」(16・1月~/CX)などがある。
line
永瀬正敏
永瀬正敏  MASATOSHI NAGASE
1966年生まれ、宮崎県出身。『ションベン・ライダー』(83/相米慎二監督)で映画デビュー。91 年に『息子』で日本アカデミー賞、ブルーリボン賞など数々の映画賞で、俳優賞を総なめに受賞。『学校Ⅱ』(96/山田洋次監督)と『誘拐』(97/大河原孝夫監督)では日本アカデミー賞優秀助演男優賞、『隠し剣 鬼の爪』(04/山田洋次監督)では同優秀主演男優賞を受賞。また、『ミステリー・トレイン』(89/ジム・ジャームッシュ監督)、『コールド・フィーバー』(95/F.T.フリドリクソン監督)など国内外問わず多数の作品に出演。その他の主な出演作品として、『紙屋悦子の青春』(05/黒木和雄監督)、『腑抜けども、悲しみの愛を見せろ』(07/吉田大八監督)、『ゼラチンシルバーLOVE』(09/操上和美監督)、『毎日かあさん』(11/小林聖太郎監督)『スマグラー おまえの未来を運べ』(11/石井克人監督)、『さいはてにて やさしい香りと待ちながら』(15/チアン・ショウチョン監督)などがある。また、『KANO~1931 海の向こうの甲子園~』(14/馬 志翔監督)では、中華圏以外の俳優で初の金馬賞の主演男優賞ノミネートの快挙、そして『あん』(15/河瀨直美監督)では、TAMA映画賞、ヨコハマ映画祭にて最優秀主演男優賞を受賞。公開待機作品に、『十字架』(16/五十嵐匠監督)、『64‐ロクヨン‐前篇・後篇』(16/瀬々敬久監督)、『後妻業の女』(16/鶴橋康夫監督)などがある。
line
韓英恵
韓英恵  HANAE KAN
1990年生まれ、静岡県出身。『ピストルオペラ』(01/鈴木清順監督)で女優デビュー。その後、『Jam Films2/CREAN ROOM』(03/高橋栄樹監督)で主演を務める。その他の出演作品に、『誰も知らない』(04/是枝裕和監督)、『阿修羅城の瞳』(05/滝田洋二郎監督)、『疾走』(05/SABU監督)、『乱歩地獄/芋虫』(05/佐藤寿保監督)、『黄色い涙』(07/犬童一心監督)、『memo』(08/佐藤二朗監督)、『悪夢探偵2』(08/塚本晋也監督)、『悪人』(10/李相日監督)、『マイ・バック・ページ』(11/山下敦弘監督)、『たとえば檸檬』(12/片嶋一貴監督)、『ペタルダンス』(13/石川寛監督)、『んで、全部、海さ流した』(13/庄司輝秋監督)、『知らない、ふたり』(16/今泉力哉監督)などがある。
line
上田耕一
上田耕一  KOUICHI UEDA
1941年生まれ、東京都出身。61年、舞台「茶館」で役者デビュー。初期は舞台を中心に活動していたが、「女子高校生殺人事件」(74/NTV)に出演したことをきっかけにTVドラマにも進出。また、89年からの平成ゴジラシリーズの『ゴジラVSビオランテ』(89/大森一樹監督)以降の作品には全て出演している。その他の出演作品に、『キャバレー日記』(82/根岸吉太郎監督)『マルサの女2』(88/伊丹十三監督)、『12人の優しい日本人』(91/中原俊監督)、『うなぎ』(97/今村昌平監督)、『リリイ・シュシュのすべて』(01/岩井俊二監督)、『いつか読書する日』(05/緒方明監督)、『ぐるりのこと』(08/橋口亮輔監督)、『食堂かたつむり』(10/富永まい監督)、『火天の城』(09/田中光敏監督)、『カラスの親指』(12/伊藤匡史監督)、『友だちと歩こう』(14/緒方明監督)、『この国の空』(15/荒井晴彦監督)、『海難1890』(15/田中光敏監督)などがある。
line
渋川清彦
渋川清彦  KIYOHIKO SHIBUKAWA
1974年生まれ、群馬渋川市県出身。モデルでの活動を経て『ポルノスター』(98/豊田利晃監督)で映画デビュー。その他の出演作品に、『青い春』(02/豊田利晃監督)、『ナイン・ソウルズ』(03/豊田利晃監督)、『M』(06/廣木隆一監督)、『フィッシュストーリー』(09/中村義洋監督)、『蘇りの血』(09/豊田利晃監督)、『ボーイズ・オン・ザラン』(10/三浦大輔監督)、『ゴールデンスランバー』(10/中村義洋監督)、『セイジ 陸の魚』(12/伊勢谷友介監督)、『Playback』(12/三宅唱監督)、『横道世之介』(13/沖田修一監督)、『クローズEXPLODE』(14)、『そして泥船はゆく』(14/渡辺紘文監督)、『ジョーカーゲーム』(15/入江悠監督)、『極道大戦争』(15/三池祟史監督)、『ラブ&ピース』(15/園子温監督)、『コントロール・オブ・バイオレンス』(15/石原貴洋監督)、『お盆の弟』(15/大崎章監督)、『モーターズ』(15/渡辺大和監督)、『アレノ』(15/越川道夫監督)などがある。石井監督とは、『鏡心・3Dサウンド完全版』(05)、『生きてるものはいないのか』(12)、『ソレダケ / that 's it』(15)に続き、4度目のタッグとなる。公開待機作品に、『下衆の愛』(16/内田英治監督)、『テラフォーマーズ』(16/三池崇史監督)などがある。
line
岩井堂聖子
岩井堂聖子  SEIKO IWAIDO
1984年生まれ、福岡県出身。『苺の破片』(05/中原俊監督)で映画デビュー。『妖怪大戦争』(05/三池崇史監督)では川姫役としてヒロインに大抜擢される。その他の出演作品に、『ボクと彼女の×××』(05/浜本正機監督)、『奇妙なサーカス』(05/園子温監督)、『サイレン』(06/堤幸彦監督)、『ストロベリーショートケイクス』(06/矢崎仁司監督)、『ラフ ROUGH』(06/大谷健太郎監督)、『シムソンズ』(06/佐藤祐市監督)『黄色い涙』(07/犬童一心監督)、『遠くの空に消えた』(07/行定勲監督)、『クワイエットルームにようこそ』(07/松尾スズキ監督)、『フィッシュストーリー』(09/中村義洋監督)、『サムライフ』(15/森谷雄監督)、『いたくても いたくても』(15/堀江貴大監督)などがある。公開待機作品に、『真白の恋』(16/坂本欣弘監督)、『マジックオブユートピア』(16/遠山昇司監督)、『シン・ゴジラ』(16/樋口真嗣監督)などがある。石井監督とは、『生きてるものはいないのか』(12)に続き、2度目のタッグとなる。
PAGE TOP