TOP

Staff

1957年、福岡県出身。日本大学芸術学部入学後、8mm映画『高校大パニック』(79)でデビュー。『狂い咲きサンダーロード』(80)、『爆裂都市BURST CITY』(82)で熱狂的な支持を得て、ジャパニーズ・ニューウェイブの急先鋒となる。また84年に発表した『逆噴射家族』がイタリアの第8回サルソ映画祭グランプリを受賞。その後『エンジェル・ダスト』(94・バーミンガム映画祭グランプリ)、『水の中の八月』(95)、『ユメノ銀河』(97・オスロ映画祭グランプリ)と次々と作品を発表し、時代劇大作『五条霊戦記 GOJOE』(00)、『ELECTRIC DORAGON 80000V』(01)など、スピード感溢れ、疾走する映像で観客を圧倒した。その他の主な作品に、『1/880000の孤独』(77)、『突撃!博多愚連隊』(78)、『シャッフル』(81)、『アジアの逆襲』(84)、『半分人間 1/2 Mench』(85)、『THE MASTER OF SHIATSU 指圧王者』(89)、『TOKYO BLOOD』(93)、『エンジェル・ダスト』(94)、『DEAD END RUN』(02)、『鏡心・3Dサウンド完成版』(05)『生きてるものはいないのか』(11)、『シャニダールの花』(13)、『ソレダケ / that's it』(15)を発表した。2010年に石井聰亙から岳龍に改名。現在、神戸芸術工科大学で教鞭を執る。

line

1974生まれ、宮崎県出身。『僕がこの街で死んだことなんかあの人は知らない』で、シナリオ作家協会主催・大伴昌司賞受賞。『ちゃんこ』(05/サトウトシキ監督・山田耕大と共同脚本)で脚本家デビュー。08年の『イサク』は第四回ピンクシナリオコンクールに入選し、いまおかしんじ監督によって『獣の交わり 天使とやる』のタイトルで映画化された。そのほかの主な作品に、『結び目』(10/小沼雄一監督)、『私の奴隷になりなさい』(12/亀井亨監督)、『百年の時計』(12/金子修介監督)、『ナイトピープル』(13/門井肇監督)、『インターミッション』(13/樋口尚文監督と共同脚本)、『赤×ピンク』(14/坂本浩一監督)、『花と蛇 ZERO』(14/橋本一監督)などがある。

line

1957年生まれ、愛知県出身。日本大学芸術学部映画学科在籍中に『狂い咲きサンダーロード』(80/石井聰亙監督)でキャメラマンデビュー。石井監督とは『爆裂都市 バースト・シティ』(82)、『J・MOVIE・WARS』(93)『エンジェル・ダスト』(94)『水の中の八月』(95)、『ユメノ銀河』(97)、『ELECTRiC DRAGON 80000V』(01)に続き、8作目のタッグとなる。その他の主な作品に、『どついたるねん』(89/阪本順治監督)、『鉄拳』(90/阪本順治監督)、『バタアシ金魚』(90/松岡錠司監督)、『きらきらひかる』(92/松岡錠司監督)、『ビリケン』(96/阪本順次監督)、『ポルノスター』(98/豊田利晃監督)、『顔』(00/阪本順治監督)、『アカシカの道』(01/松岡錠司監督)、『KT』(02/阪本順治監督)、『青い春』(02/豊田利晃監督)、『赤目四十八瀧心中未遂』(03/荒戸源次郎監督)、『亡国のイージス』(05/阪本順治監督)、『東京タワー オカンとボクと、時々、オトン』(07/松岡錠司監督、『闇の子供たち』(08/阪本順治監督)、『座頭市 THE LAST』(10/阪本順治監督)、『悪人』(10/李相日監督)、『許されざる者』(13/李相日監督)、『人類資金』(13/阪本順治監督)など。公開待機作品に『怒り』(16/李相日監督)がある。

line

1964年生まれ、大阪府出身。3歳でピアノを、6歳で電子オルガンを始める。幼少の頃にクラシック、ジャズ、ロック、ソウル、ファンク、映画音楽などを聴いて育つ。活動は、ジャンルを超えて多岐に渡る。あらゆるジャンルにおいて、その個性豊かな才能を発揮。サウンドメイキングからキーボードプレイにおけるまで、卓越した感性、個性そしてその手法には定評がある。主な参加アーティスト;井上陽水、いきものがかり、宇多田ヒカル、大貫妙子、角松敏生、SMAP、椎名林檎、柴田淳、スガシカオ、Mr.Children、山崎まさよし、吉田美奈子を始めとする数多くのアーティストのライブ、レコーディングに参加。 http://www.azuritelab.com/

line

1967年生まれ、千葉県出身。主な作品に『双生児 GEMINI』(99/塚本晋也監督)、『ケイゾク/映画 Beautiful Dreamer』(00/堤幸彦監督)、『贅沢な骨』(01/行定勲監督)、『殺し屋1』(01/三池祟史監督)、『凶気の桜』(02/薗田賢次監督)、『恋愛寫眞 Collage of Our Life』(03/堤幸彦監督)、『妖怪大戦争』(05/三池祟史監督)、『陽気なギャングが地球を回す』(06/前田哲監督)、『スキヤキ・ウエスタン ジャンゴ』(07/三池祟史監督)、『ICHI』(08/曽利文彦監督)、『あしたのジョー』(11//曽利文彦監督)、『モテキ』(11/大根仁監督)などがある。村上隆、アレハンドロ・ホドロフスキーの最新作に参加(共に未公開)。その他、「KDDI au」「資生堂 MAQUillAGE」「組曲」「KOSE visse」などのCMにも携わる。http://glassloft.jp

line

1984年生まれ、神奈川県出身。主な作品に、『クローズZERO II』(09/三池崇史監督)、『十三人の刺客』(10/三池崇史監督)、『セイジ-陸の魚-』(11/伊勢谷友介監督)、『るろうに剣心』(12/大友啓史監督)、『CAUGHT IN THE WEB』(12/チェンカイコー監督)、『KILLERS』(13/モーブラザーズ監督)、『るろうに剣心 京都大火編・伝説の最期編』(14/大友啓史監督)、『ホットロード』(14/三木孝浩監督) 、『新宿スワン』(15/園子温監督)などがある。その他テレビドラマ「勇者ヨシヒコシリーズ」(TX) 、「宮本武蔵」(EX)、「信長協奏曲」(CX)、TVCF「au三太郎シリーズ」、AKB48のミュージックビデオ「僕たちは戦わない」、舞台「クレイジーハニー」「遭難、」(演出本谷有希子)などで衣裳デザインを担当。石井監督とは、『シャニダールの花』(13)、『ソレダケ that's it』(15)に続き、本作で3度目のタッグとなる。公開待機作品に『信長協奏曲』(16/松山博昭監督)、『ライチ光クラブ』(16/内藤瑛亮監督)『ひそひそ星』(16/園子温監督)、『秘密 THE TOP SECRET』(16/大友啓史監督)、『ミュージアム』(16/大友啓史監督)などがある。

line

むろおさいせい(明治22年・8・1~昭和37・3・26)詩人・小説家 本名照道、俳号魚眠洞 金沢市生まれ。生後まもなく真言宗高野山派・雨宝院にもらわれ、養父母の元で育つ。高等小学校を中退し、裁判所に勤めながら俳句を学び詩作を始める。明治43年上京。大正7年に『愛の詩集』『抒情小曲集』を出版。詩壇での地位を確立。翌年自伝的小説を発表して小説家としても認められる。随筆『女ひと』の連載を機に『杏つ子』『かげろふの日記遺文』など晩年に再び高揚期を迎える。『蜜のあわれ』は生涯にわたり女性を描き続けた犀星の深い感性から生まれた不思議な前衛小説。

PAGE TOP